頬のたるみ

美肌コースまっしぐら

頬のたるみ

近年、タバコを吸う人の肩身がどんどん狭くなってきています。それに伴い、喫煙者の数も減少していると言われています。しかし、女性の方はあまり減少傾向にはなく、20代から30代にかけての若い世代ではむしろ増加しているそうです。

タバコと老化が繋がっていることをご存知でしょうか?

タバコを吸うことにひとつも得する部分はありません。健康面ではもちろんのこと、美容面に関しても大きなダメージを与えてしまいます。よく歯が黄色っぽくなることは知られていますよね。

今、"スモーカーズフェイス"という言葉が注目されています。これはタバコ顔とも言われており、顔全体が乾燥しておりシワっぽい、クマが目立ち、顔色が悪い、頬がこけて肌にハリがない、ほうれい線が深くなる、フェイスラインがたるむ、などの特徴が挙げられます。

実はタバコを吸うことで老化速度を速めることも分かっており、5年は早くなるとも考えらえているのです。では、どうしてタバコが肌に影響を与えてしまうのでしょうか?

タバコを吸うと活性酸素が含まれており、この活性酸素が細胞を傷つけてしまいます。この活性酸素を取り除いてくれるのがビタミンCやEなのですが、活性酸素が増加することでこれらのビタミンが大量に消費されてしまいます。肌のハリを保つためのビタミンが失われることで、肌に大きなダメージを与えてしまうのです。

タバコ顔ビタミンCとE
copyright(C)美肌コースまっしぐら