タバコ顔

美肌コースまっしぐら

タバコ顔

タバコを吸うことで5年は老化速度がアップすると言われています。あなたはスモーカーズフェイスという言葉をご存知でしょうか?

長年タバコを吸い続けることで、シワやハリが失われたり、乾燥が目立つ、ほうれい線が深くなる、あごや頬などフェイスラインがたるむ、などの症状が現れることを指しています。

タバコが原因でビタミンCが破壊されることが原因で、頬がげっそりこけたり、タールが影響して顔色が暗く沈んでいる、活性酸素が影響してシワが目立ったりなどの影響を与えてしまいます。

よく、タバコを吸わない女性がタバコの煙によって肌が荒れたという話は聞きます。それだけ影響力が大きいタバコ。なんといっても肌に影響が大きく現れ、どんなに美人な女性でもタバコを吸うことで肌の美しさは失われていく一方なのです。

顔は人に与える印象の大きな要素になってきます。肌の印象でその人の印象が決まるとも言われているほど、視覚的に肌の印象は重要なのです。

実は肌を見ることで、年齢を想像し、健康状態はどうか、生活態度、などを無意識に判断しているのです。人間は清潔感を感じるだけで"キレイ"という感情が生まれるそうです。しかし、肌が汚いとその人の美人度は下がると言われています。

ですので、タバコを吸うことをかっこいいと思って吸っているうちに、老け込んでいく可能性が高くなるのです。

世界禁煙日顔の老化
copyright(C)美肌コースまっしぐら